ギャンブルを楽しみながら視力を守る方法

今日の世界は常にデジタル機器に囲まれています。テレビ、スロットマシーン、スマートフォン、パソコンなどのビデオゲームをはじめとしたデジタル画面から完全に離れることは不可能と言えるでしょう。デジタル画面に焦点を合わせるために、私たちは目は常に酷使しており、眼精疲労は多くの人が抱える悩みの 1 つです。眼精疲労はコンピュータービジョン症候群とも呼ばれており、デジタル画面などを長時間見つめることによって引き起こされる短期的な症状を指します。疲れ目、かすみ目、物が二重にあるいはぼやけて見える、ドライアイ、頭痛、首や肩の凝りなどはその症状の一例です。視力の問題はスクリーンと薄暗い照明による反射も影響します。しかし、そのような症状は、休息をとってしばらくスクリーンから目を休めればほとんどの場合は回復するはずです。

視力低下を防ぐためのヒント

  • 特にビデオゲームのプレイ中に、目の見えにくさを感じている方は専門家(眼科医または眼鏡専門店)に相談しましょう。特に問題を感じていない方も、眼精疲労の予防になりますので、スクリーンの前でゴーグルを付けることをおすすめします。
  • スクリーンを見るとき、メガネを使用すると眼精疲労を防ぐことができます。目の焦点が合いやすくなり、物がはっきり見えやすくなるでしょう。
  • 特に大のゲーム好きの方は、ゲーム中に休憩したり、ゲームをしない日を設けたりすることが大切です。屋外や自然の中で時間を過ごすことをおすすめします。自然の光を浴びて、遠くのものを見ながら目を休ませてあげましょう。
  • デスクライトは目に優しい穏やかな光のものを選びましょう。
  • パソコンは窓の向かい側、あるいは左端に置くことをおすすめします(左利きの方は右端に)。
  • テーブルは、目からスクリーンまでの距離が 60 から70 センチくらいになる場所に置いてください。キーボードは目から30 から40 センチくらいの場所が最適です。
  • 健康的な生活習慣を心がけて、視力を守りましょう。

外に出ましょう

少なくとも 1 日 2 時間、屋外で時間を過ごすようにしましょう。日光を浴びることによって近視の進行を遅らすことができることが、研究によって指摘されています。また、屋外では家の中にいるときよりもより遠くのものを見る機会が増えるので、目に優しい環境であると言えます。ときどきスクリーンから離れて休憩を取ることは非常に重要です。目を休めて頻繁に瞬きをすることにより、涙が分泌されて目が潤います。さらに「20-20-20 モデル」を実践してみましょう。専門家は 20 分ごとに 20 フィート(約 6 メートル)先のものを 20 秒見ることをすすめています。

まとめ

ゲームで遊んだり、カジノへ行ったりなど、自分の好きなことをあきらめるのは誰にとっても簡単ではありません。しかし、一番大切なものは自身の健康です。何事も節度を持って楽しみ、健康に支障が出ないように気をつけることが重要です。幸いなことに、最近は医学が発達し、健康上の問題や合併症を防ぐための数多くの機会が提供されています。医師のアドバイスを参考にして、健康に注意しながら毎日の生活を楽しむようにしましょう。